疎ましいPMSと生理痛に悩まされる連日だ

眠気がひどい、頭痛がする…。カレンダーを確認して、嘆息を一部分。きつい時分の由来だ。

私がPMSといった生理痛に悩まされるようになったのは、30代後述になってからです。それまでは、PMSも生理痛とも無縁の暮らしで、生理中にわずらわしさを感じるほどでした。
お産実績は、2回あります。

40歳の時に、お母さん科で子宮頸がん検診を受けた際に医師に生理痛のことを問題しました。その時に分析名簿を記入した収支、PMSという月経難関症と来院されました。

そうして、低キャパシティーピルの服用による施術を求められ、少し悩んだ収支施術を始めることにしました。低キャパシティーピルは、一年中忘れずに飲まないといったいけません。持病の薬も一年中服用していたので、呑み忘れ去ることはありませんでした。

低キャパシティーピルの呑み始めは、悪用出血が起こる場合があると聞いていましたが私にもありました。心配ないと言われてましたが、数や嵩が多い時には病院に電話をして問題しました。

呑み続けていくうちに、生理痛は弱くなったように思います。ただ、悪用出血の他にも頭痛や吐き気などのリアクションが辛かったので、医師に問題を通じて薬の服用を辞めることにしました。

それからは、PMSが始まるとハーブティーを飲んだり、ストレッチングをしたりしてできるだけリラックスするようにしています。また、生理痛が重い時折鎮痛薬を飲んで横になるようにしています。

可能な時折、毎日何もしない日を作って不愉快状態をやり過ごすようにしています。もうすぐもう少しは生理が貫くと思います。耐え難いけど、ついに状態を緩和して生理といったかしこく付き合っていこうと思います。http://twister-review.com/