体温制御が苦手な認知症お婆さんのために気を付けたい対応。

朝夕の冷え込みは酷いのに日中はオーバーいらずのホカホカ季節。そんな気候の時、我々健常ヒトはオーバーの脱ぎ着や冷房の気温用意など自由に行えますが、これが、たとえば検知症お婆さんの場合、熱いや寒いといった気持ちが鈍るのか、ミッドサマーにジャンパーを着たり、こういう反対で真冬にカットソー1枚だけなど、素人では理解できない行動をすることとなります。

こういう行動を、「変だね」とか「考えだから」って見過ごしてしまうと、適切な体温用意ができないばかりでなく、ミッドサマーの場合には熱射病、真冬の場合には感冒をひき、これらをこじらし、最悪の場合は入院、ひいては死へと歩みを進めてしまう。

特別養護老人ホームなどの建物では、冷房によりいつでも適切な気温実態が保てるみたい室温回避が行われ、また、介護や看護人員くんの介護により、季節ごとに最適な被服の採用などが行われていますが、在宅で生活されるお婆さん、中でも検知症お婆さんの場合は、それに類するやさしい見守りやフォローが必要となります。

在宅で生活されるときのスキームとしては、たとえば、配食接待と言って、お弁当を届けてくれる接待に併せて行先の審査程度を通して受け取る接待もあるので、大事に至らないみたい、必要なサービスを利用する採用も大切です。

検知症お婆さんの体温管轄や内部の気温回避、至極大切な介護の1つだ。あら、健診の数値が高い!どうすればいいの?